特許分析とグローバルイノベーションAOS 2022 June

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOS データ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑ 春⼭ 洋)は、新たに開設したWebinarABCセンター主催で「特許分析とグローバルイノベーションAOS 2022 June」ウェビナーを開催いたします。

企業が自社知財の価値を高め、国際的に存在感を示そうと考えるとき、グローバルイノベーションを生み出すことはそれらを実現する強力な選択肢となります。
ですが、もちろんイノベーションは自然に起こるものではなく、自社と他社ひいては業界全体の技術や知財を調査・分析することが必須となっています。

特許をはじめとする知財の分析や、知財を起点としたイノベーション創出について先進的な取組みを行っている専門家とともに、AOSグループは「特許分析とグローバルイノベーション」というテーマでウェビナーを開催することとなりました。Tokkyo.Ai株式会社は、デジタル化の時代に企業が新たな変化に対応し、ビジネスを成功させるためのお手伝いをしたいと願っております。本ウェビナーは、無料でご視聴いただけますので、是非ご参加ください。


・タイトル :特許分析とグローバルイノベーションAOS 2022 June
・主催 :WebinarABCセンター
・支援 :AOSデータ株式会社、Tokkyo.Ai株式会社
・後援 :リーガルテック株式会社
・公開期間 :2022年 6⽉22⽇(火)10:00~6月28日(月)23:59
・配信方法 :AOS Webinar経由での配信

*WebinarABCセンターはAI,BigData,Cloud のテックエコノミーを中心に行うWebセミナー支援センターです。

ログラム / 講師

WIPO報告書から見る日本の立ち位置とWIPO GREEN施策

本ウェビナーでは、WIPOが提供するGlobal Innovation Index(GII)やPCT年次報告等を題材として、世界における日本の立ち位置について考察します。さらに、近年、急激に日本の企業・大学等より関心を集めているWIPO GREENについて、施策概要、データベースの利用状況、日本ユーザーの参画状況、今後の展望等について解説します。

世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所
廣田 健介
2006年特許庁入庁。
2010年審査官昇任。審査第一部審査官、総務部国際課、企画調査課、カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員(留学)などを経て、2020年10月より現職。

②イノベーションを創出するための特許情報活用の考え方

様々な製品・サービスがコモディティ化する中で、企業は既存事業の維持・発展だけではなく、新たな顧客価値を提供するイノベーションの創出が求められています。イノベーションを生み出すためには情報・データが欠かせません。本ウェビナーでは、新製品・サービスや新規事業検討、アライアンス先候補の選定などイノベーションを生み出すために必要となる情報分析の考え方―仮説・分析ストーリーの構築―および特許情報活用例―保有技術を活用した新規事業検討、M&A・アライアンス先候補選定―について解説します。

株式会社イーパテント
野崎 篤志
慶応義塾大学院修了後、日本技術貿易株式会社入社。ランドンIPの日本オフィス立ち上げ、日本事業統括を経て、2017年5月に「知財情報を組織の力に®」を目指して株式会社イーパテントを設立し、代表取締役社長に就任。
技術動向分析、競合他社分析、知財デューデリジェンス、新規事業開発などの知財情報コンサルティング®および人材育成に従事。主な著作に「調べるチカラ」、「特許情報調査と検索テクニック入門」、「特許情報分析とパテントマップ作成入門」がある。
平成30年度特許情報普及活動功労者表彰特許庁長官賞受賞。

➂カーブアウトM&Aにおける知的財産デューデリジェンスの実務

事業の一部を売却する取引であるカーブアウトM&Aは、コーポレートガバナンス・コードなどで求められる「事業ポートフォリオの見直し」の観点からも重要である一方、知的財産等に係る「スタンドアローン・イシュー」などの難しい課題を抱え、当事者間で合意に至ることができずに取引が成就しない例も多い。そこで、今回は、カーブアウトM&Aにおける知的財産デューデリジェンスの実務について概説いたします。

TMI総合法律事務所
友村 明弘
大学で管理工学を専攻するとともに弁理士試験に合格、卒業後は日本電気(NEC)において知財実務に従事した。
TMI総合法律事務所では、弁護士として、特許・営業秘密が重要なM&A取引、特許訴訟・審判・鑑定等の係争案件、複雑商業訴訟、ライセンスその他の契約交渉、職務発明や営業秘密の管理体制の構築支援等の案件に携わっている。
米国留学及び米国・ドイツ・中国の法律事務所等での実務研修を経て、2019年にTMIに復帰。2020年にパートナー就任。特許その他の知的財産に関するセミナーや執筆を多数手掛ける。

米中技術覇権競争と特許からみる日本のこれから

AI、ドローンなどの先端技術分野における米中の技術競争は激化しており、その様子は国際特許出願数にも顕著に表れています。
今回のウェビナーでは、国際特許出願数から見えてくる日本の強みと特許検索エンジンの活用方法についてご紹介いたします。

Tokkyo.Ai株式会社
平井 智之
大学院修了後、リーガルテック株式会社に入社。法務部マネージャー、企業不正調査やeDiscovery事業の証拠レビューマネージャーとしてリーガルテック事業に従事。2021年よりリーガルテックグループ Tokkyo.Ai株式会社 取締役に就任。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月
資本金:8億2,500万円(資本準備金:8億円)
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業4,500社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,100万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、12年連続販売本数1位を獲得しています。また、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決をサポートした技術が評価され、経済産業大臣賞を受けたグループのリーガルテック社のリーガルデータ事業を統合し、今後一層、データコンプライアンス、AI・DXデータを含めた「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献いたします。


コメントする